技術会議紹介
インパクトバイオメカニクス部門委員会


1. 活動目的
本委員会では、自動車の衝突安全におけるインパクトバイオメカニックス研究に関する最新動向の調査、ならびに関係者との意見交換の場を設定する。また、インパクトバイオメカニクス研究に関連する領域として、スポーツ傷害(福祉分野)、および法工学、救急医療や事故調査、賠償保険に関しても話題提供を通して知見を深め、これらの活動経過を会員にフィードバックするための公開委員会、あるいはシンポジウム開催などを企画し展開する。
2. 委員会メンバー
委員長槇徹雄(東京都市大)
幹事本島治敏(トヨタ自動車)、高橋裕公(本田技術研究所)、大谷竜士(日産自動車)
委員大学・官庁等13名、企業・民間団体等13名、オブザーバー等1名 合計27名
3. 2016年度の活動計画
2016年度の活動としては、インパクトバイオメカニクスに関する最新の技術動向、ならびに関係機関・関係者との連携の場として、定期的に委員会を開催する。また、海外の動向を把握することを目的として、インパクトバイオメカニックスに関係のある有識者を招聘して公開委員会を開催することにより、技術交流の機会を設ける。さらに、工学と医学との連携を深めることを目的とした見学会を設定し、国内における医工連携の取り組みを促進する。
4. 活動報告
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度
種別日時内容
オーガナイズドセッション 5/25 バイオメカニクス
衝突安全 1
衝突安全 2
フォーラム 7/1 歩行者保護技術
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page2.html#1044