技術会議紹介
ガス燃料エンジン部門委員会


1. 活動目的
近年、温室効果ガス低減の観点やシュールガスの台頭から天然ガス等のガス燃料の有効利用が重要になってきている。したがって、自動車用エンジンにおいてもガス燃料の普及拡大が予測される。本会では、ガス燃料(天然ガス、水素、LPG、DMEなど)を自動車用エンジンに適応する際に、各種ガス燃料の特徴を生かした利用形態を模索し、ガス燃料エンジンの高効率化の要件と有用性・可能性を明らかにすることを目的とする。また、これらの研究・開発及び普及活動に携わる技術者の情報交換の場として本会を活用していただきたいと考えている。
2. 委員会メンバー
委員長草鹿仁(早大)
幹事桜井輝浩(一般社団法人ガス協会)、谷口聡(トヨタ)、菊池勉(日産)
委員大学・官庁等8名、企業・民間団体等22名、オブザーバー等4名 合計34名
3. 2016年度の活動計画
春季大会におけるオーガナイズド・セッションの企画、委員会、見学会を実施する.様々な業界からの人々を集い,自動車技術会に興味をもって入会していただくとともに,本会会員からは本会活動へ多数参加することを促進する.さらに,ガス燃料エンジンへの関心を高め、ガス燃料自動車の普及促進や直面する課題解決の方向性を模索する。
4. 活動報告
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度
種別日時内容
オーガナイズドセッション 5/25 ガス燃料エンジン
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page1.html#1050