技術会議紹介
車両特性デザイン部門委員会


1. 活動目的
トラック・バス等の大型車両や新交通車両、建設車両、福祉車両など特殊車両は、乗用車とは異なる独自の技術の発展を遂げている。さらに、近年のバイワイヤ技術などの技術進歩やバリアフリー、ユニバーサルデザインの観点の技術導入により、操作系を含めた車両運動特性が大幅に向上する可能性がある。そこで本部門委員会では、乗用車に限らずトラック・バスや産業用車両等の特殊車両を対象として、車両要素技術に関する今後の方向性の検討と技術の共有化を目指した設計・解析に対する検討を実施する。
2. 委員会メンバー
委員長山川淳也(防衛大学校)
幹事杉原幹英(小松製作所)、滝波茂(いすゞ中央研究所)、田島孝光(本田技術研究所)
委員大学・官庁等13名、企業・民間団体等14名、オブザーバー等2名 合計29名
3. 2016年度の活動計画
これまでの活動を継続し,乗用車、大型車両、産業用車両、福祉車両などの車両要素技術や関連技術を中心とした話題提供を実施する。また,話題提供だけでなく見学会も実施し,前記に関係する最新の技術を理解するとともに,新たな方向性の検討を行なう。
4. 活動報告
2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
実施済みのイベントはありません
5. トピックス(お知らせ)
随時お知らせします。