技術会議紹介
電気動力技術部門委員会


1. 活動目的
日本の自動車産業における電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車および燃料電池車に共通する電気動力技術の発展のため、日本の技術に留まらず、世界の技術を調査・研究及びその動向をまとめるなどの活動により、日本の自動車技術の向上と会員への還元を目的とする。
会員への還元方法は、委員会内での話題提供や学術講演会でのOS企画による活動等とする。
2. 委員会メンバー
委員長藤本博志(東京大学)
幹事奥井伸宜(交通安全環境研究所)、鳥居薫(トヨタ自動車)、野口実(本田技術研究所)、福田雅敏(東京アールアンドデー)、真島隆司(IHI)、松永康郎(日産自動車)
委員大学・官庁等11名、企業・民間団体等17名、オブザーバー等5名 合計33名
3. 2016年度の活動計画
例年通り、委員会における話題提供を重要な活動の一つと位置づけ、所属委員等を中心に第一線の技術者を招き積極的な発信をお願いしていく.近年の恒例行事となっている講習会は、電動パワートレイインに関連する他の委員会とも協力し、実施する。春季大会については,例年通りCVT・ハイブリッド部門委員会と協力し,その相乗効果によりOSへの参加数増加と質の向上を目指す。
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page1.html#1215
【講習会】2017.1.27 開催予定
http://www.jsae.or.jp/sympo/2016/scdl.php