技術会議紹介
二輪車の運動特性部門委員会


1. 活動目的
二輪車の安全性の向上は、その構造・特性のためにアクティブセイフティ技術により達成される部分が大きい。その根底を担う二輪車の運動特性に関する研究は、一般に四輪車よりも運動自由度や車両諸元が多くなることから、理論的な解析が思うように進んでいない。本委員会は、二輪車・自転車・PMV(パーソナルモビリティヴィークル)に関する研究開発等に携わる技術者・研究者同士の技術交流と情報交換とを目的とし、もって二輪車等の安全性の向上を図り、健全なモビリティ社会の発展に寄与する。
2. 委員会メンバー
委員長酒井英樹(近畿大)
幹事宇津山祥吾(スズキ)、平澤順治(茨城工専)、竹原昭一郎(上智大)
委員大学・官庁等17名、企業・民間団体等14名、オブザーバー等4名 合計35名
3. 2016年度の活動計画
2016年度は従来の先端研究・開発トピックスによる技術交流に加え、前年度に引き続き二輪車の車両運動特性に関わるWG活動を推進し、車両諸元データ・運動特性データをより簡易かつ正確に計測する手法の確立を目的に活動していく。
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page4.html#1221