技術会議紹介
燃料潤滑油部門委員会


1. 活動目的
わが国の自動車用燃料および潤滑油に関連した最新の技術動向を調査し、次世代に向けた展開を、燃料メーカー、潤滑油メーカー、自動車メーカー、自動車関連部品メーカー、および中立研究機関から選出された委員らが討議し、検討、および提案してゆく。
2. 委員会メンバー
委員長畔津昭彦(東海大学)
幹事伊東明美(東京都市大)、原崇(いすゞ中央研究所)、吉田克巳(昭和シェル)
委員大学・官庁等8名、企業・民間団体等18名、オブザーバー等7名 合計33名
3. 2016年度の活動計画
話題提供各2件をベースとして、通常の委員会を開催する。年次大会および全国大会においてOSを企画し、募集、編成して座長を委員会よりだす。年間1回は見学会を開催する。任期中に1回はディーゼル機関部門委員会との共催シンポジウムを開催する。公開委員会については、継続的に検討課題とする。
4. 活動報告
2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
実施済みのイベントはありません
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page1.html#1227