技術会議紹介
流体技術部門委員会


1. 活動目的
風洞技術および空力騒音低減技術に注目し、大学・研究機関における研究者を交え、関連企業技術者間において活発な情報交換を行う。
さらにはWGを通した共同作業を行なうことによって、自動車メーカならびに関連メーカにおける同分野の技術向上や知見の共有化を目的とする。
2. 委員会メンバー
委員長金子宗嗣(本田技術研究所)
幹事飯田明由(豊橋技術科学大)、濱本直樹(三菱自動車工業)、藤原慎太郎(日野)、谷口圭一(日産)
委員大学・官庁等11名、企業・民間団体等20名、オブザーバー等7名 合計38名
3. 2016年度の活動計画
委員会のニーズに沿った話題提供を委員会隔月開催ごとに計画。
風洞見学会を行い、空力技術、空力騒音技術の知見を深める。
WG活動を通じた産学での技術交流を行い国内自動車空力関連技術の競争力を高める。
4. 活動報告
2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
実施済みのイベントはありません
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page3.html#1241