技術会議紹介
カー・ロボティクス調査研究委員会


1. 活動目的
当委員会は,自動車技術会と日本ロボット学会が合同で2008年に立ち上げた調査研究委員会で,提唱している「カー・ロボティクス」は,自動車とロボットを融合させ,新しい発展を期待しようという試みをさしています.既にセンサ,ECU,アクチュエータなどの構成が近い両者の技術融合により,移動のさらなる知能化が図られ,また新たなモビリティが発想され,提案されつつあります.そこで,共通的な要素の多い自動車技術やロボット技術における研究者,約20名を委員に迎え,それぞれの分野を超えた横断的な視点による調査研究によって,異分野の研究や研究者の交流促進を図っていくことと共に,カー・ロボティクス分野の確立を目的としています.
2. 委員会メンバー
委員長加藤晋(産業技術総合研究所)
幹事菅沼直樹(金沢大学)、和田隆広(立命館大学)
委員大学・官庁等18名、企業・民間団体等10名 合計28名
3. 2016年度の活動計画
2016年度は,昨年度に引き続き委員からのカー・ロボティクス関連の話題提供をいただくとともに,センシング,制御,通信,ヒューマンマシンインターフェースなどの要素技術やそれらのシステム化技術について調査を行っていきます.また,カー・ロボティクスの最新技術の発表と議論場として自動車技術会の春季大会等ではOSとフォーラムを企画・開催し,また日本ロボット学会の学術講演会においてもOSを実施し,研究者・技術者や,研究開発の交流促進を行うこととし,カー・ロボティクスの分野の確立を目指します.近年,特に注目されている自動運転の社会導入に向けての諸課題については,自動運転技術の面からだけではなく,交通システムとしての社会的受容性や,運転支援技術がユーザに与える影響,法制度の観点などについて,多方面の専門家の意見などを集約することで,カー・ロボティクス技術の社会導入に向けた活動を行う予定です.年間開催数は6回程度を予定しています.
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
随時お知らせします。