技術会議紹介
ワイヤレス給電システム技術部門委員会


1. 活動目的
電気自動車への「ワイヤレス給電システム」は,電気駆動にもとづく将来のクルマ社会を支える重要なインフラ技術になると予想され,企業,大学,研究機関において,盛んに研究開発が進められている。
本技術部門委員会では,「ワイヤレス給電システム」に関係する人々をできるだけ広く集め,忌憚のない情報交換と,未来を見据えた議論を行い,国益に寄与するための技術サロンとして活動したい。併せて,自動車技術会の本部門委員会が「ワイヤレス給電システム」の第一の受け皿である,という状況を作ることも目的とする。2016年度は委員長が交替し、委員の見直しも行い、開催時期、話題提供の方法等の見直しを進め、一層の活性化を図る。
2. 委員会メンバー
委員長伊東淳一(長岡技術科学大学)
幹事居村岳広(東京大学)、高橋俊輔(早稲田大学)、堀 洋一(東京大学)、横井行雄(京都大学)
委員大学・官庁等15名、企業・民間団体等13名、オブザーバー等30名 合計58名
3. 2016年度の活動計画
1)委員会開催; 6回(4,6,8,10,12,1月)予定
 話題提供 17件実施予定(各回3件を基本とする)
2)見学会 2017年1月に実施予定(委員会と併催 ㈱ダイヘン殿を予定)
3)春季大会OSについては、EVTeC&APE2016でのSSとして企画予定(2セクション10件)
4)春季大会フォーラムは企画開催しない
5)講習会;電気動力技術部門委員会主催の講習会に協力し2017年1月実施予定
6)電子情報通信学会の無線電力伝送専門員会と協賛開催を行う予定(6月)
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page1.html#1454