技術会議紹介
ドライブレコーダ活用委員会


1. 活動目的
ドライブレコーダはここ数年で急激に普及し、用途も事故抑止や事故時過失割合の科学的判定に留まらず、科学的安全教育への活用などで効果を発揮している。そして蓄積データを基に予防安全装置の設計指針、事故解析、運転診断や教育システムへの展開、道路環境・インフラの評価など多岐に渡った活用が始まり、その研究成果が期待されている。最近はマイカー向け一般型の普及も進みつつあり、事故検証や安全運転目的以外のエンターテイメント目的など新たな用途も生まれている。一方で、昨今の自動運転の動向によりドライブレコーダーを取り巻く環境も大きく変わりつつある。本委員会はドライブレコーダの今後の技術や活用のオールジャパン展開のあり方について産・官・学・民の幅広いセクターの有識者による情報共有化と広範な理解向上及び問題点の抽出と提言などにより交通事故の削減を目的とする。
2. 委員会メンバー
委員長永井正夫(日本自動車研究所)
幹事副委員長 鎌田実(東京大学)、堀野定雄(神奈川大学)
幹事 道辻洋平(茨城大学)
委員大学・官庁等14名、企業・民間団体等20名、オブザーバー等4名 合計38名
3. 2016年度の活動計画
ドライブレコーダの現状把握・今後の技術・活用のあり方など幅広い分野からの話題提供を基に、情報の共有化・問題点の提起・解決策の検討等の活動を行う。
・ドライブレコーダ活用委員会の開催;4~5回/年実施 
・傘下のWG活動(DRデータの交通安全管理・教育への活用手法の策定)の総括
・『ドライブレコーダの現状と将来展望』報告書』作成/公開 ;2017年3月目標
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
随時お知らせします。