技術会議紹介
蓄電システム技術部門委員会


1. 活動目的
電動車両の普及を支えるキーテクノロジーは,高性能2次電池をはじめとするエネルギーストレージデバイスとそれを利用するためのシステムを組み合わせたエネルギーストレージシステムであり,蓄電システム技術とはこれらに関連した技術全般を指している。本委員会は第一期委員会の2年間の活動を経たのち,引き続き,エネルギーストレージデバイス,電力変換回路,搭載車両のエネルギーマネジメント,エネルギー供給技術など,蓄電システム技術が包括する幅広い技術要素に関して一元的にかつ自由に議論する場として活動を行ってきた。これらの活動を通し,本委員会は我が国の電動車両市場における世界的な優位性の維持・発展に寄与することを目的とする。
2. 委員会メンバー
委員長近藤圭一郎(千葉大学)
幹事佐久間一浩(東京農工大学)、名取賢二(千葉大学)
委員大学・官庁等8名、企業・民間団体等20名、オブザーバー等6名 合計34名
3. 2016年度の活動計画
基本的にこれまでと同様の活動を行う。具体的には,年数回の蓄電システム技術に関する勉強会を開催し,委員からの話題提供と議論,自由討論を行う。また,関連研究分野についての見学会を開催し,応用事例について意見交換し知識を共有する。それらの成果は,国際会議EVTeC2016 & APE Japan 2016などにおいて広く公開する。さらに,可能であれば,他の部門委員会や他の学会との共同の勉強会やシンポジウム等の開催も考える。
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
随時お知らせします。