自動車システムのモデルベース開発入門
~サプライヤとOEMとの協調を加速する国際標準記述言語(VHDL-AMS)によるモデル構築技法~

自動車システムのモデルベース開発入門自動車システムは複雑化の傾向にあり,設計・開発におけるシミュレーション技術が必要不可欠になってきています。そして、いかに短期間に効率的に付加価値をつけたものづくりが出来るか,ものづくりプロセスの改革が求められています。こうした課題に対応できる一つの手段として、シミュレーション技術を活用したモデルベース設計・開発(MBD)を行い、最適化されたモデルを流通させることは,互いの強みを生かした共同開発が効率的に実践でき、ものづくりの活性化と自動車業界の開発効率の向上に大きく貢献できると考えられます。
本書は、VHDL-AMS によるモデリングの基本的概念およびモデリング例を通して、モデル開発活用法についてまとめたものです。シミュレーションの原理を意識しつつ、標準モデル言語によるモデル作成法について基礎から応用まで実践的な例を通して学ぼうとする読者に最適です。


●本書を一層活用できるよう、本書で示されている各モデル(ソースコード)を、ダウンロードできるよう準備中です。
準備ができ次第、ご案内します。

目次はこちら »

ご購入はこちら »

このウインドウを閉じる