「進むモビリティのサービス化」」
- Mobility as a Service -

このページについて

  • 本ページでは、会誌特集記事の抄録をご覧になれます。
  • 実際の記事については、会員の方はお手元の会誌をご覧ください。
    会員以外の方は「本会出版案内(PC版)」にてお買い求め頂けます。

大都市圏向け統合モビリティサービス「Metro-MaaS」の提案と可能性

多様なモビリティサービスを統合的に提供するMobility as a Service(MaaS)の大都市圏向け導入形態として筆者らが提案した概念「Metro-MaaS」と、その基礎的な需要評価の結果を紹介する。また、自動運転社会を見据えたMetro-MaaSの活用可能性と研究課題について論じる。

自動運転による新たなモビリティサービスへの挑戦

自動運転車によるモビリティサービスは、サービス実証の段階に入っている。しかし、依然としてその本格的な実現には技術・法規制に於ける課題が存在している。官民一体となって、技術・サービスの開発レベルに応じた実証実験、法整備を推進し、自動運転モビリティサービスを社会インフラとして、育てていくことが必要である。

日本におけるシェアリングエコノミーの現状

ここ数年、世界中でシェアリングエコノミーが拡大しているが、日本はその認知度も少なく市場も小さい。日本は昔から醤油の貸し借りのような助け合いは広く浸透していた。そんな信頼や安心安全を大切にするからこそ、シェアリングエコノミーが広がる可能性は高く、地方自治体では課題解決手段としても期待が高まっている。

総合カーシェアプラットフォーム「dカーシェア」

2017年11月にNTTドコモが提供開始した総合カーシェアプラットフォーム「dカーシェア」について、サービスの概要や特徴、提供の背景、見えている課題や今後の展望などについて解説する。

最適な移動を提供するNAVITIME

ナビタイムジャパンは電車やクルマ、バス、徒歩などの移動手段に対応した「トータルナビゲーション」を提供している。本稿では「トータルナビゲーション」を実現するコア技術である経路探索エンジンについてふれつつ、ナビタイムジャパンがどのようにして最適な移動を提供しているのかを紹介する。

長距離相乗りマッチングサービス「notteco」と日本における今後の相乗りの活用

nottecoは中長距離型のコストシェア型の相乗りマッチングサービス。現在、45,000人を超える会員規模。主な利用シーンとしては、単身赴任して働く人の定期的な帰省、イベントへの参加、災害時のボランティア参加の際の交通手段、交通弱者や交通空白地域の移動手段があげられる。nottecoは今後日本におけるあらたな移動手段の選択肢として定着していき、様々な社会問題を解決していくのではないかと考えている。

日本版MaaS(Mobility as a Service)の社会実装に向けて

本稿においては、MaaS(Mobility as a Service)という移動に関する統合プラットフォームサービスについて、交通および自動車にとってどのような関係があるのか、またそのアクションプランについて分析し提言を行う。

新しい宅配のかたち~「ロボネコヤマト」~

消費者のライフスタイルの変化に対応した宅配便のかたちをさぐる実用実験の結果を分析した。車内に保管ボックスを設置した自動運転車両を使用し、人工知能による配送ルートの最適化を行い、指定した時間に荷物を受け取ることができるサービスを提供し、そのサービスの受容性を検証した。将来の物流サービスのあり方について考察した。

運送業に特化した車両動態管理システムの構築

GPSを利用した「運送業に特化した車輌動態管理」をキーワードに、IoTによって様々なデバイスがインターネット環境に接続できるインフラも充実してきた現在、運行するトラックをコネクテッド化して、いかに運送業務を効率化し、乗務員の働き方改革を推進するのか等の課題への取り組みについて紹介する。

オンライン求貨求車サービス「ハコベル」

本稿ではオンライン求貨求車サービス「ハコベル」について説明する。運送業界を取り巻く環境が変化しつつあるなかで、荷主企業の抱える課題・ニーズに対して、ハコベルがテクノロジーを活用して、どのようにそれらの課題にアドレスしているか、どのように社会に価値を提供しようとしているかを解説する。

オンデマンド型公共交通サービス「SAVS (Smart Access Vehicle Service)」

SAVSとは、バスとタクシーの中間のサービスである。 その特徴はリアルタイム性で、逐次最適挿入法により利用者の要望に即時に対応できる。SAVSの技術としての強みの一つは、 マルチエージェントシミュレーションによる事前評価であり、SAVSの性能を評価するほか、運行規模と利便性、コストの関係を事前に分析し、サービス設計の判断材料とすることが可能となっている。また、SAVSのサービスシステムは汎用のAPIを用意しており、MaaSにおける交通サービス統合のコアパーツとして使うことができるようになっている。

自動運転の技術や社会実装とその課題

本稿では群馬大学の自動運転技術の社会実装に関する活動に焦点を当て、自動運転の社会実装を目指す背景と、技術的アプローチの特徴、産学連携の動向を説明する。そして、本学が実施した実証実験を紹介し、そこから見えてきた課題について論ずる。

モビリティサービスを支える技術

近年、ライドシェアリング、カーシェアリングといった、ICTを活用して新しい移動価値を提供するモビリティサービスの広まりが目覚ましい。本稿では、モビリティサービスの開発を促進するフレームワークの技術動向について解説する。モビリティサービスフレームワークを構成する技術要素と、モビリティサービスフレームワークを強化する技術動向について解説したうえで、今後拡張すべき技術領域について考察する。

高速道路におけるトラックの隊列走行の実証実験の現状と今後の展望

高速道路におけるトラックの隊列走行の実証実験を2018年1月に開始して1年が経過した。本稿では、トラックの隊列走行の狙いやこれまでの実証実験の結果、今後の展望などを紹介する。

日本発の空飛ぶクルマ“SkyDrive”の開発

2020年東京オリンピックの開会式で日本発の空飛ぶクルマのデモフライトを実現するため、日々開発を行う有志団体CARTIVATORの活動紹介。「空飛ぶクルマ」とは?そのキーテクノロジーと世界の市場、提供価値と活用方法について。開発を進める機体の特徴やロードマップ、今後の課題について紹介する。

低速自動運転車両による移動サービスシステム技術紹介

ヤマハ発動機ではこれまでに、さまざまな低速自動走行車両を開発してきた。現在、これらの技術を応用し、複数の低速自動走行車両をオンデマンドで配車が可能な「移動サービスシステム」を開発している。将来的には、高齢者、子連れなどを含む一般のユーザを対象とした、数キロ四方程度の広さの市街地やリゾートなどでの低速自動走行車両によるサービスの実現を目指している。本稿では、上記移動サービスシステムの概要について説明する。具体的には、複数台の低速自動走行車両の交差点調停やオンデマンド配車などを行う管制サーバおよびアスファルトなどの路面の特徴量を用いた自車位置同定によって自動走行するVGL(Virtual Guide Line) を搭載した低速自動走行車両およびについて説明する。