技術会議紹介
大気環境技術・評価部門委員会


1. 活動目的
 自動車の低排出ガス化にもかかわらず、PM2.5(粒径2.5μm以下の粒子)やオゾンは大気環境基準が未達成である状況が続いている。PM2.5中の二次生成粒子(ガス成分が光化学反応で粒子化したもの)やオゾンは、光化学反応等が複雑に絡んでおり、原因となる物質(前駆物質)の低減がリニアーな改善効果をもたらさない点で、従来のディーゼルPMを低減により大気中のSPMを低減できた例とは異なる様相を呈している。大気環境改善には、自動車排出物の個別成分解明、大気中の反応メカニズム解明、および健康影響評価が重要であると考えられる。したがって、本委員会では計測技術を含む排出実態把握や低減手法の検討から、大気観測、健康影響など大気汚染物質に関する研究を幅広く対象とする。自動車技術者と研究者、大気観測研究者、健康影響研究者、及び関連する行政官を構成員とし、最新の研究動向、規制動向に関する情報交換を行うことにより、委員、会員の情報の共有化を進める。
2. 委員会メンバー
委員長山田裕之(自動車技術総合機構交通安全環境研究所)
幹事岡山紳一郎(日産自動車)、田中光太郎(茨城大学)
委員大学・官庁等7名、企業・民間団体等19名、オブザーバー等5名 合計31名
3. 2016年度の活動計画
大気環境の課題であるPM2.5(特にガス成分が光化学反応で生成される二次粒子)やオゾンについてのメカニズム解明情報の収集に注力する。このPM2.5やオゾンの大気環境濃度には、大陸からの石炭燃焼起因のガス成分の寄与が大きいことが指摘されはじめている一方で、地域汚染の発生源については、成分解析が進められているものの明確な発生要因特定には至っていない。
 2016年度は、二次生成の前駆体となるガス成分を含めた大気の実態や排出成分等の実態情報について情報交換を進めるとともに、的確な自動車対策を実現するために自動車寄与の大きさを定量化するReal worldでの実態把握を目的とした測定法にも注目し、情報交換を実施することでメカニズム解明の一助とすることに主眼を置く。
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page1.html#1029
【講習会】2016.11.18 「自動車排出微粒子の評価手法の基礎と実践」
http://www.jsae.or.jp/sympo/2016/scdl.php