技術会議紹介
ヒューマンファクター部門委員会


1. 活動目的
「人間中心の車づくり」および「安全・安心な移動」を実現するには,車両・道路と協調するドライバの認知・判断・操作に関わる基礎研究から,運転支援,安全教育,ヒューマンエラー対応などの応用研究に至るまで,学術・技術領域の幅広い,多岐に渡る研究・開発が必要である.本委員会では,「人間中心の車づくり」と「安全・安心な移動」を目指して,ヒューマンファクタを対象とした関連分野とのクロスオーバーと研究・技術の相互研鑽活動を行い,人間工学的観点から研究・技術課題の抽出と解決に関する研究調査と研究成果の公開等を行う.
2. 委員会メンバー
委員長伊藤安海(山梨大学大学院)
幹事小竹元基(東京大学)、鈴木宏典(日本工業大学)、三浦泰彦(マツダ)、吉田智幸(トヨタ自動車)
委員大学・官庁等19名、企業・民間団体等14名、オブザーバー等4名 合計37名
3. 2016年度の活動計画
委員会開催時の話題提供を通じて,ドライバのヒューマンファクタに関する研究領域を中心とした最新技術や研究活動に関わる情報収集や動向把握,意見交換を行い,これらの技術や研究に関連する見学会を実施する.
4. 活動報告
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page2.html#1081

【講習会】2016.8.23 「自動車開発における人間工学の理論と実践」
http://www.jsae.or.jp/sympo/2016/scdl.php
【シンポジウム】2016.12.22 開催予定
http://www.jsae.or.jp/sympo/2016/scdl.php