技術会議紹介
構造強度部門委員会


1. 活動目的
自動車車体と部品の構造・衝突にかかわる技術向上を目指し、その解析技術全般にわたる調査・討議・研究を行っている。
特に近年はCAE関連のトレンド・将来技術に関する技術調査活動を行っている。
傘下のWGではより専門性の高い研究を行い、それらの成果を会員に還元するための企画と推進を行う。
2. 委員会メンバー
委員長大宮正毅(慶應義塾大学)
幹事川原康照(トヨタ自動)、佐藤健介(三菱ふそうトラック・バス)
委員大学・官庁等3名、企業・民間団体等27名、オブザーバ1名 合計31名
3. 2016年度の活動計画
①CAE関連のトレンド・将来技術に関する技術調査活動のため、外部講師を招いての話題提供を行う。
②委員の情報交換活動として、テーマを決めてフリーディスカッションを行う。
③3件のWG活動を行い、成果を公開委員会で広く還元する。
4. 活動報告
2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
実施済みのイベントはありません
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page4.html#1134