技術会議紹介
車室内環境技術部門委員会


1. 活動目的
自動車空調は、近年、乗員の温熱快適性のみならず健康、地球環境に配慮した省エネ・低炭素技術で実現することが求められている。他方、走行動力の本格的な電動化・ハイブリッド化に対して空調エネルギーが車両走行機能に大きく影響する事が、電動車・ハイブリッド車の普及に際して課題とされている。この様な取り巻く環境に対して自動車空調は、さまざまな技術分野の協調が必要不可欠であり、当委員会では各社共通技術である下記のテーマについて共同研究・調査を実施し、最新情報の共有化・検討を行ない、我が国の自動車空調技術の先進性を高める。
2. 委員会メンバー
委員長尾関義一(旭硝子)
幹事石丸園子(東洋紡)、岩井幸一郎(豊田中研)、片岡拓也(デンソー)、野山英人(三菱重工)、原慎一(ヴァレオジャパン)
委員大学・官庁等5名、企業・民間団体等24名、オブザーバー等12名 合計41名
3. 2016年度の活動計画
①車両空調の省エネ技術の調査探索:調査・話題提供
②車室内温熱環境評価指標検討:調査・話題提供
③空気質向上技術調査:調査・話題提供
④車室内標準モデルを対象とした基礎検討(車室内環境計測、計算バーチャル技術精度UP):研究調査事業(3年目)・話題提供
4. 活動報告
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度
種別日時内容
オーガナイズドセッション 5/25 最新の熱流体技術が導く車の革新 -最新の車室内空調技術-
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page3.html#1155
【公開委員会】2016.10.7「車室内における空気質」
http://www.jsae.or.jp/tops/topic.php?code=1383