技術会議紹介
車両運動性能部門委員会


1. 活動目的
自動車の運動性能や安全性は新しい装置を用いた制御システムやドライバ支援システムの導入により、飛躍的に向上してきた。今後、制御技術やドライバ特性の検討は操縦性・安定性の研究にとってさらに重要となることが予想される。このような動向を踏まえ、車両の運動性能向上と安全性の進歩に関する将来の方向性を調査・検討し、成果を会員へ還元することを委員会の活動目的とする。
2. 委員会メンバー
委員長山門誠(神奈川工科大)
幹事高橋絢也(日立製作所)、ラクシンチャラーンサク ポンサトーン(東京農工大)、
委員大学・官庁等11名、企業・民間団体等19名、オブザーバー等7名 合計37名
3. 2016年度の活動計画
・年間6回の委員会を開催し、1回につき1~3編の話題提供を行う。
・年間1回を委員会と見学会を兼ねて実施する。
・春季大会は車両運動制御に関するOSを開催する。
4. 活動報告
2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
実施済みのイベントはありません
5. トピックス(お知らせ)
【技術のロードマップ】
http://www.jsae.or.jp/~dat1/vision/page4.html#1157