ログインしてください

文献・情報検索システム

日本語

ENGLISH

ヘルプ

ログインしてください

  • 詳細情報

自動運転での点群を用いたAI物体検出における判定根拠の可視化

Visualization of Evidence by AI Object Detection Results Using 3D Point Clouds in Autonomous Driving

書誌事項

カテゴリ研究論文
カテゴリ(英)ResearchPaper

翻訳

著者1) 黒木 理宏, 2) 田中 慎也, 3) 武藤 健二, 4) 伊能 寛
著者(英)1) Michihiro Kuroki, 2) Shinya Tanaka, 3) Kenji Muto, 4) Hiroshi Inou
勤務先1) デンソー, 2) デンソー, 3) デンソー, 4) デンソー
抄録自動運転の物体検出にAIが活用されつつあり、同技術の検出結果を説明するための「説明可能AI」の研究が世の中で取り組まれている。同技術は主に2D物体技術を中心に開発が進んでいるものの、3D物体技術への応用例はまだ少ない。今回、2D向け説明可能AI技術を3D物体検出に応用したのでその結果を報告する。
抄録(英)While AI has been applied to object detection in the fields of ADAS and AD, a lot of research of Explainable AI, which is used to explain evidences of object detection results, has been conducted. Explainable AI has been mainly developed for 2D object detection and it has been rarely applied for 3D object detection. Therefore, we adapted the existing method of Explainable AI for 2d object detection to 3D one using point cloud and we report its result.

翻訳

検索について

閉じる

検索ボックスの使い方

検索条件は最大5件まで入力可能です。検索ボックスの数は右側の「+」「−」ボタンで増減させることができます。
一つの検索ボックス内に、複数の語句をスペース(全角/半角)区切りで入力した場合、入力した語句の“すべてを含む”データが検索されます(AND検索)。
例)X(スペース)Y →「XかつY(を含む)」

「AND」「OR」プルダウンの使い方

「AND」を指定すると、前後の検索ボックスに入力された語句の“双方を含む”データが検索されます。また、「OR」を指定すると、前後の検索ボックスに入力された語句の“いずれかを含む”データが検索されます。
例)X AND Y →「XかつY(を含む)」  X OR Z →「XまたはZ(を含む)」
AND検索とOR検索が混在する場合は、OR検索が優先されます。
例)X AND Y OR Z → X AND (Y OR Z)
AND検索と複数のOR検索が混在する場合も、OR検索が優先されます。
例)W AND X OR Y OR Z → W AND (X OR Y OR Z)

検索フィルタの使い方

検索結果の件数が多すぎる場合など、さらに絞り込みしたいときに「検索フィルタ」を使います。各項目にチェックを入れると、その項目が含まれるデータのみに検索結果が絞り込まれます。
各項目後ろの「()」内の数字は、その項目が含まれるデータの件数です。

検索のコツ

著者名で検索するときは、「自動車 太郎」のように、姓名をスペースで区切って入力してください。