ログインしてください

文献・情報検索システム

日本語

ENGLISH

ヘルプ

ログインしてください

フィルタを閉じる

検索フィルタ

著者

勤務先

文献・情報種別

出版社

イベント

発行日

フィルタを開く

1~10 件目 / 146,909

ソート順

最初

戻る

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

...

進む

最後

高齢運転者によるブレーキ操作不適事故の統計分析

文献番号
20215362
著者(筆頭者)
関根 康史 (福山大学)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.80-21

A Study on Method of Extracting Accident Causes using Statistical Traffic Accident Data (First Report)

文献番号
20215361
著者(筆頭者)
Anis Farhana binti Zainuddin (Suwa University of Science)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.80-21

3次元道路線形計測による中山間地域における交通事故ハザードマップの構築

文献番号
20215360
著者(筆頭者)
今井 翔太 (公立諏訪東京理科大学)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.80-21

Analysis of Side Impact Airbag Performance in NASS CDS

文献番号
20215359
著者(筆頭者)
Kazuo Higuchi (-)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.80-21

国内ミクロデータを用いた横断中歩行者の受傷形態に関する分析

文献番号
20215358
著者(筆頭者)
後藤 司 (SUBARU)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.79-21

VIPAを用いたミシガン州(米国)における歩行者事故実態の把握

文献番号
20215357
著者(筆頭者)
江島 晋 (SUBARU)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.79-21

機械学習を用いた歩行者頭部傷害値予測手法の開発

文献番号
20215356
著者(筆頭者)
中村 博史 (日産自動車)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.79-21

骨密度測定による交通外傷受傷乗員の骨強度と胸部骨折傷害の関係について

文献番号
20215355
著者(筆頭者)
石成 泰隆 (日本大学大学院)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.79-21

マクロデータによる救急自動通報システム搭載車の事故分析

文献番号
20215354
著者(筆頭者)
木内 透 (交通事故総合分析センター)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.78-21

救急自動通報システム(D-Call Net)によるドクターヘリ起動の実事例(2021年)

文献番号
20215353
著者(筆頭者)
本村 友一 (日本医科大学千葉北総病院/D-Call Net研究会)
文献・情報種別
学術講演会予稿集(春)
発行年月
2021年5月

No.78-21

最初

戻る

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

...

進む

最後

検索について

閉じる

検索ボックスの使い方

検索条件は最大5件まで入力可能です。検索ボックスの数は右側の「+」「−」ボタンで増減させることができます。
一つの検索ボックス内に、複数の語句をスペース(全角/半角)区切りで入力した場合、入力した語句の“すべてを含む”データが検索されます(AND検索)。
例)X(スペース)Y →「XかつY(を含む)」

「AND」「OR」プルダウンの使い方

「AND」を指定すると、前後の検索ボックスに入力された語句の“双方を含む”データが検索されます。また、「OR」を指定すると、前後の検索ボックスに入力された語句の“いずれかを含む”データが検索されます。
例)X AND Y →「XかつY(を含む)」  X OR Z →「XまたはZ(を含む)」
AND検索とOR検索が混在する場合は、OR検索が優先されます。
例)X AND Y OR Z → X AND (Y OR Z)
AND検索と複数のOR検索が混在する場合も、OR検索が優先されます。
例)W AND X OR Y OR Z → W AND (X OR Y OR Z)

検索フィルタの使い方

検索結果の件数が多すぎる場合など、さらに絞り込みしたいときに「検索フィルタ」を使います。各項目にチェックを入れると、その項目が含まれるデータのみに検索結果が絞り込まれます。
各項目後ろの「()」内の数字は、その項目が含まれるデータの件数です。

検索のコツ

著者名で検索するときは、「自動車 太郎」のように、姓名をスペースで区切って入力してください。