自動運転と社会環境の未来
The Future of Autonomous Technology and Social Environment

新しい時代に向けた技術革新の柱となる“自動運転”は、どのようにして現代社会に受け入れられていくのか,あるいは社会環境に変化をもたらすか、さまざまな観点から最新のトピックスを紹介します。

このページについて

  • 本ページでは、会誌特集記事の抄録をご覧になれます。
  • 実際の記事については、会員の方はお手元の会誌をご覧ください。
    会員以外の方は「本会出版案内」にてお買い求め頂けます。

自動運転の今後の普及と公共交通

公共交通は多様な課題を抱えつつも、人々の生活を支える重要な役割を担っている。自動運転システムはそのような課題を解決する一手段として期待されているところである。本稿では近年の我が国の公共交通、特に道路上を走行する公共交通について、近年の動向や課題、現在の公共交通に関連する自動運転技術の取り組みについて紹介する。

コネクティッド/自動運転を見据えた交通システム

住友電工は、東京都に導入された広域交通制御システムを始め、国内の信号制御の発展に貢献してきた。また、交通事故削減に向け、路車協調型安全運転支援システムに取り組み、センサや無線通信装置の開発・製品化を行ってきた。本稿では、当社の交通システムに対する過去実績及び将来に向けた取り組みを報告する。

自動走行IT人材戦略について

CASEの進展によりビジネスモデルの変革が求められる中、自動車業界においてはIT人材の不足が喫緊の課題となっている。自動車工学とソフトウェアエンジニアリングを担えるIT人材の確保のため、業界を挙げて人材戦略の取組を推進している。

2019年型スーパーグレートにおける高度運転支援機能

三菱ふそうトラック・バス株式会社は日本市場初の運転自動化レベル2のシステムを2019年型スーパーグレートに搭載した。本稿ではこのような高度運転支援機能を導入するに至った背景、および実現するために必要な技術について紹介する。

自動運転システムにおける安全性の妥当性確認手法

自動運転システムを, 統計的に妥当性確認することは, その複雑性のため現実的ではなく, 新たな手法が必要である. 本稿では, これまで発表されている4手法を比較し, 更なる研究課題を整理した. 複数の手法が提案されている理由の一つとして, 様々な自動運転システムのユースケースが想定されていることが考えられる.

自動運転車の社会受容性について─事故判例の分析から─

自動運転車が避けるべき合理的に予見される防止可能な事故を検討するために、先行車の急制動と車線変更の二つの場面における一般のドライバが過失を問われるふるまいについて、交通事故の判例を参考に各場面における合理性とともに自動運転車に求められる社会受容性の検討を行った。

国内初レベル4自動運転大型トラックの実証実験と今後の方向性─社会課題の解決に向けた自動運転の価値創造─

UDトラックス株式会社はパートナー企業と共に日本初の公道を含めた大型トラックのレベル4自動運転の実証実験を実施した。本稿では物流業界が抱える社会的な課題と大型トラックの自動運転に対する期待にふれた上で、レベル4の自動運転の技術の概要と新しい価値創造の可能性について紹介する。

コネクテッドカー・自動運転車(自動走行車)とデータに関する法律問題の検討

自動車業界において、コネクテッドカーおよび自動運転車を通じて得られる様々なデータの利活用が注目を集めている。データの利活用については様々な規律が適用されるところ、本稿では、個人情報及びプライバシーの問題を中心に、コネクテッドカーおよび自動運転車に関するデータ利活用について検討する。

高圧クーラントの実力─切削の悪問題を解消し難削材の快適切削加工を実現

高圧クーラントは、有効な解決策の少ない切りくず処理トラブルの解消や工具摩耗の低減に貢献し、難削材の切削性能を高めることができる。本稿では、高圧クーラントの工具寿命延長効果とクーラント圧力の影響、効率的な小径深穴ドリル加工の実現、切りくず処理における超高圧クーラントの必要性について解説する。

軽量化に貢献する高耐熱性ポリアミド樹脂〈ジェネスタ®〉

ノナンジアミンとテレフタル酸からなる高耐熱性ポリアミド樹脂〈ジェネスタ®〉は、高耐熱性、低吸水性、耐薬品性など特徴的な性質を有し、金属代替、樹脂部品の高機能化で軽量化に貢献している。〈ジェネスタ®〉をマトリックスとしたCFRTPは高温多湿環境で安定した物性を示し、構造部材に適用できる可能性がある。

使用済み自動車から回収される有機材料のリサイクルの現状と今後の展望

自動車リサイクル法の施行後、ASRから発生する最終残渣は1%に減少したが、有機材料は殆ど循環利用されていない。ASRのリサイクル率を高めるため、作業効率の改善や新しいソーターの開発が進められている。持続可能な社会を目指すには、自動車のライフサイクル全体の環境負荷を減らすことが重要である。

モデルを徹底的に使い倒す─MBD におけるモデル活用術

本稿ではMBDにおけるモデル活用のポイントとして、次の3点について事例を交えて解説する。①開発プロセスの場面と目的に応じた適切な粒度のモデルの選択②「機能」を設計する1D-CAEと「形状」を設計する3D-CAEの連携③解析プロセスとデータの管理、および部門間でのモデル共有。

着るだけで心電図計測ができるスマートウェア

ドライ電極を用いた心電図計測における最大の課題は、体動による心電図波形の乱れ、所謂モーションアーティファクト(MA)である。我々はMAの定量評価を行うことで、MAを低減するための衣類・電極構造を明らかにした。また得られた設計指標をもとに心電図計測ウェアの作製を行い、安定した心電図計測に成功したので報告する。

このページの先頭へ