これからのクルマ社会における環境対応
Environmental Measures for the Future Automotive Society

2050年カーボンニュートラル宣言以降、あらためて環境問題への対応が注目されており、我が国は脱炭素社会の実現に向けて多様な選択肢・技術的可能性を追求しようとしています。 本号ではカーボンニュートラルに向けた最新の動向や、解決すべき課題、今後の展望など、自動車業界における環境対応技術の最前線にスポットを当てて特集しました。是非ご覧ください。

このページについて

  • 本ページでは、会誌特集記事の抄録をご覧になれます。
  • 実際の記事については、会員の方はお手元の会誌をご覧ください。

<座談会>カーボンニュートラルに向けた自動車産業界の使命

2020年10月、日本は“2050 年カーボンニュートラル”を宣言したことで、更に積極的かつ具体的な環境対策を加速していくことが必要となった。こうした背景の中、我が国の自動車産業界におけるさまざまな取り組みや解決すべき課題、今後のカーボンニュートラルに向けた施策について、各分野の方々を交え、座談会形式で語っていただいた。

SDGs達成のために自動車技術が果たす役割

2030年の世界共通の目標であるSDGs。SDGsの「目標7:エネルギーみんなにそしてクリーンに」「目標9:産業と技術の基盤をつくろう」「目標12:つくる責任つかう責任」「目標13:気候変動対策に具体的な対策を」の実現に向けて、各国の自動車政策や新たな技術開発が、いかに社会的課題の解決に貢献するかを考察する。

環境車の普及に向けたさまざまな課題と解決のための施策

世界各国でカーボンニュートラル(CN)のへの対応が求められている。自動車業界はその対応を最も強く求められている業界の一つである。本稿ではトヨタ自動車におけるCNと電動車の考えについて述べる。また、それぞれの電動車HEV(Hybrid Electric Vehicle)、BEV(Battery Electric Vehicle)、PHEV(Plugin Hybrid Electric Vehicle)、FCEV(Fuel Cell Electric Vehicle)と電池についてその開発と普及について解説する。

2050年におけるゼロエミッションへの挑戦

JERAは国内最大の発電事業者として、脱炭素社会の実現を積極的にリードしていくため、2050年時点で国内外のJERA事業から排出されるCO₂の実質ゼロに挑戦する「JERAゼロエミッション2050」を掲げた。本稿では、脱炭素の実現に向けたアプローチおよびアンモニアを中心とした具体的な取り組み内容を紹介する。

カーボンニュートラルに向けて進化するエンジン技術

カーボンニュートラルに向けて、世界の自動車産業界は過去に類を見ない変革の動きが始まっている。世界のOEM各社は、 BEV戦略に対して多額の研究開発投資を計画している。一方で、カーボンニュートラルに対応した低炭素で高効率なDedicated Hybrid Engineや、水素などカーボンニュートラル燃料による脱炭素なエンジン研究も進められているので、それらの方向性と新技術について解説する。

バイオ燃料の現状と今後の展望

運輸部門で利用されているバイオエタノール及びバイオディーゼル(バイオジェットを含む)燃料を中心に、バイオ燃料の導入状況や技術開発動向を概説する。今後は、非食用バイオマスからのバイオエタノールならびにガス化経由合成ディーゼル燃料や微細藻類由来バイオジェット燃料の製造技術の実用化が期待される。

燃料のカーボンニュートラル化への挑戦

2050年までのカーボンニュートラル実現に向け、燃料のカーボンニュートラル化、特に再エネ合成燃料の社会実装に大きな期待が持たれている。実装に向けては、燃料の原則であるS+3Eを維持し、技術開発や原料調達、国際ルールやコスト負担方法の整備等の課題を解決しなければならない。本報ではこれらの状況、課題等について紹介する。

物流の効率化による環境対応に向けた取組み

2050年のカーボンニュートラルに向けた技術として、自動車と燃料・エネルギー技術のみではカーボンニュートラルを達成できない領域に対する方策、具体的には貨物自動車のロードファクターを向上させることで輸送量あたりの二酸化炭素排出量を削減する新しい技術として注目されているフィジカルインターネットについて述べる。

環境にやさしい自動車用樹脂材料の開発

環境負荷低減に資する自動車向けに広く使用されているポリオレフィン樹脂の適用によるCO₂削減およびリサイクルに対する取り組みについて述べるとともに、今後普及すると考えられる電気自動車(EV)の軽量化に寄与する電池部材向けの材料について提案する。

ライフサイクル視点からの電動車の課題と今後の方向性

自動車の気候変動対策として内燃機関車から電動車への転換が主要各国で図られているが、走行でCO₂排出ゼロの車もライフサイクルでは発電のCO₂排出量に依存するなど、実効性には課題がある。今後の方針を定めるにはLCAなどを活用し、ライフサイク視点での評価と対応が必要である。

<HOT Topics>自動運転ミリ波レーダを高精度化,トーヨーカラーが筐体用ミリ波吸収材を量産へ

自動車の自動安全走行システム(ADAS)の周囲監視センサの一つとして、ミリ波レーダが搭載されている。ミリ波電波吸収樹脂成型体はこのセンシングを正しく作動させるため、不要な電波を吸収する。単層射出成型可能のため軽量で広帯域の電波吸収性能をもち、レーダホーンやECU筐体内の干渉対策に用いられる。

<HOT Topics>アンペアの定義の変遷と今後の電気標準の展望

電気標準は器物による古典的な標準から電磁気学に基づく標準へと進化し、2019年に改定された最新の国際単位系(SI)では量子力学に基づく電気標準が他の標準と調和する形で成立した。本稿では標準の歴史的経緯と進化の過程を概観したあと、現在の量子電気標準の特徴とその産業へのインパクトについて解説する。

<HOT Topics>航空機の電気推進化,そして空飛ぶクルマへ

本稿では、まず航空機の電気推進化についてその原理を解説し、次にその電気推進システムの超電導化の必然性を説明する。また、現在NEDOプロにおいて開発中の超電導推進システムの開発状況について紹介し、さらに、この空飛ぶクルマへの展開についても述べる。

<HOT Topics>燃費向上と運転して楽しいサウンドを実現するアクティブ振動制御システムの開発事例

新規開発のリニアモーターと加速度センサーをフロントサブフレームに配置し、振動を制御するアクティブ振動制御システムを開発し、量産車に適用した。クルーズ走行時はエンジンからキャビンへの振動伝達を低減、加速走行時には振動を付加することにより燃費と加速サウンドを大幅に改善した商品開発事例を紹介する。

<HOT Topics>ディストラクション状態の高齢ドライバにおけるハザード対応と視覚的注意喚起情報の効果

注意散漫状態の高齢ドライバにHUDによりハザードの位置を知らせる視覚情報の効果を検討した。注意散漫状態はドライビングシミュレータ運転中に音声課題を与えることで模擬した。結果、通常状態の視覚情報は安全行動を促進したが、注意散漫状態の高齢ドライバの不安全行動を抑制できていない場合があることが示唆された。

<HOT Topics>水素サプライチェーン構築に向けた取組み

脱炭素の切札として関心が増す水素。当社では水素事業をSDGsの取組の一環と位置づけ、「つくる」「はこぶ」「ためる」「つかう」サプライチェーンの開発を進めている。本稿ではサプライチェーンの拠点となる液化水素の荷役基地、運搬船と、「つかう」のスケールアップに寄与する水素ガスタービン発電の各実証事業を紹介する。

このページの先頭へ