本規約は「自動車エンジンアレベル認定」と「継続能力開発(CPD)プログラム」を含む
≪技術者能力開発支援システム≫ の利用について定めます。

1. 利用資格
  本会個人会員である正会員または学生会員とします。(以下、会員)
2. 利用できるサービス
  (無料のサービス)
  本会ウェブサイト 会員情報システム(以下、会員マイページ)における、継続能力開発(CPD)履歴の閲覧
  会員マイページで閲覧できる履歴のうち、会員が自主で記録した履歴の新規追加、変更・削除
  (有料のサービス)
  「CPD履歴証明書」の発行(※本会が登録したCPD履歴が対象、自主で記録した履歴は含まれません)
  「自動車エンジニアレベル認定」の申請費用、及び認定費用
3. 会員本人の確認
  本会は、次に挙げる行為は会員本人(以下、本人)によるものとして取り扱います。
  会員マイページからログインした場合。
  会員番号が記載された申請書などが提出され、本人によるものと認められる場合。
  講習会、シンポジウム等の参加で、会員証の提示があった場合。
4. 会員の履歴[継続能力開発(CPD)履歴]
  本会は、本システムのおける会員の履歴を次の通り取り扱います。
  会員の履歴とは、会員が継続して自己の能力開発のために行った活動の履歴、すなわち「継続能力開発(CPD)履歴」とします。(以下、継続能力開発(CPD)履歴)
  会員マイページで閲覧できる継続能力開発(CPD)履歴は、本会が主催する活動に参加したことが確認され、本会が登録し管理する履歴(以下、自動登録履歴)と、本人が自主で記録し管理する履歴(以下、自主記録履歴)をいいます。
  自主記録履歴は、新規追加・変更・削除を行うことができます。
  自主記録履歴について、本会はこれを証明しません。
  本人の申し出により、本会が登録し管理する履歴に誤りがある場合は、速やかに登録内容の訂正を行います。また本会が誤りを見つけた場合は、本会は本人の同意を得ずに登録内容の訂正を行うことがあります。
5. 利用の停止
  本会は、次に上げる事項が生じた場合、本規約にかかる利用を停止します。
  退会などにより会員資格を喪失した場合。
  本会倫理規定に反する行為があった場合。
6. 個人情報の取り扱い
  本会が定める「プライバシーポリシー」及び「個人情報保護規則」に従います。
目次に戻る